【2018年版入門編】WordPressの無料・有料テーマを厳選

スポンサーリンク

無料でも高機能なWordPressのテーマは?

オススメできる無料版テーマは意外に少ない

WordPressをインストールして、最初に疑問に思うことは「テーマって何?」ということです。

テーマはブログのテンプレートのようなもので、ブログのデザインや様々な機能を兼ね備えた根幹となる部分です。

どれを選ぶかによって、ブログの見栄えが全く異なると同時に、管理画面の使い勝手やSEO(検索エンジン最適化)対策の優劣も異なってきます。

そして、次に悩むのは「テーマ」の種類の多さです。

「いったい、どれを選んだらいいのだろう」と、おそらく初心者なら100人中100人が悩んだのではないかと思います。

私自身、いろいろなテーマを試してみました。

当初は、WordPressをインストールするとデフォルトでついてくるテーマの中から選んで、しばらくブログを作成していました。

しかし、何かしっくりきません。というか、何か物足りない気分でした。

「これだったら、ライブドアとか無料ブログの方が使い勝手がいいし、カスタマイズも容易なのではないか」

そんな気持ちにもなりました。

その原因は管理画面の使い勝手や柔軟性も今ひとつのような気がしたからです。

それからは、いろいろなテーマを探し回りました。

そんな紆余曲折を経て、高機能で管理画面の使い勝手もよく、検索エンジンの最適化にも配慮がなされているテーマを特選しました。

無料テーマで一押しは「Cocoon(コクーン)」

現在、私は、SEO・高速化・モバイルファーストが最適化済みの無料テーマ「Cocoon(コクーン)」を利用しています。

「これが本当に無料なの?」と思うほど高機能なテーマです。

デザインはシンプルで上品。デザインや装飾がこだわりたい人はスキン機能を使うと、簡単に切り替えることができます。

「Cocoon(コクーン)」の最大の特徴は、内部SEO(検索エンジン最適化)の施策が整備されているということです。

  • ページ高速化機能搭載
  • モバイルファースト(モバイルフレンドリー)
  • AMP(Accelerated Mobile Pages)対応
  • PCとモバイルでソースコードが100%同じ完全レスポンシブ

注目すべきは、無料テーマでありながらAMPに対応している点です。

AMPというのは、GoogleとTwitterが共同開発しているプロジェクトで、モバイルでページを高速表示するためのフレームワークのことです。

簡単に言うと、ブログがモバイルでも素早く表示される仕組みです。

私のブログも訪問者の5割がパソコンユーザーですが、モバイルは4割、タブレットが1割と、いまやモバイル経由の訪問者を無視できない状況です。

大手メディアなどはAMP対応が進んでいて、このAMPに対応しているか否かはとても重要なポイントです。

とくに、最近のGoogleはモバイルフレンドリーを重視していますから、無料でありながらAMP対応が内蔵されているのはとても嬉しいことです。

また、コクーンはプラグインでなければできない機能が、テーマ機能の中に数多く備わっています。

プラグインは便利な反面、ブログが重くなり、表示速度を遅くする副作用があるので、テーマの中に便利な機能が内包されているのは、SEO対策上もプラスに働きそうです。

Cocoonのホームページ

STINGER8(スティンガー8)

WordPressにデフォルトでついてくるテーマに満足できず、私が最初に利用した無料テーマが「STINGER8」でした。

キャッチフレーズは「STINGER史上最高にシンプルなテーマ」。確かに、シンプルでスタイリッシュなブログに仕上がります。

ネット上にカスタマイズ情報も多いので、作り込みたいブロガーに人気のテーマです。

ただ、機能もシンプルなので、スタイルシートをいじったり、プラグインなどで機能を追加する必要があります。

また、モバイル表示を高速化するAMP対応ではないので、AMP対応にしたい場合には有料版の「STINGER Pro2」(税込み1万0800円)を購入する必要があります。

無料版の「STINGER8」はワードプレスに手慣れた中級者以上のテーマのように感じました。

STINGER8のホームページ

Simplicity(シンプリシティー)

Simplicity(シンプルシティー)は、コクーンの開発者わいひらさんが2014年に発表したもので、その名の通り、シンプルな無料テーマです。

シンプルゆえに、ユーザーが自分で自由なスタイルにカスタマイズしやすいテンプレートになっています。

ただ、カスタマイズしなくてもシンプルで美しいのでオリジナルのまま利用しているブロガーも少なくないようです。

驚くのは、2014年に発表されたテーマですが、現在はAMP対応をはじめ、かなりの内部SEO施策が図られているということです。

シンプルなデザインと内部SEOの充実さに惹かれ、いまだに人気の無料テーマですが、さすがに「Simplicity」を発表した当時とはウエブを取り巻く状況に乖離が出てきたため、後釜となる「Cocoon(コクーン)」が開発されました。

ただ、SimplicityとCocoonには互換性はありません。

Simplicityのホームページ

スポンサーリンク

有料のテーマはSEO重視でアフィリエイトに最適

有料版テーマの導入でコンテンツ充実に専念できる

無料のテーマは、PHP(サイトの中身や構成)やCSS(ページや文字の装飾)の知識に乏しい人にとってはカスタマイズが難しいというデメリットがあります。

知識がないのに下手にいじってホワイトアウトする危険性もあるので、カスタマイズが楽な有料のテーマを試してみると、こんなに簡単だったのかと思うかもしれません。

デザインや装飾に時間がかからなければ、記事(コンテンツ)の内容を充実させることに専念できます。

有料のテーマは、検索エンジンで上位にランクさせるためにSEO対策に力を入れているものも多く、さほど高価なものではないので、アフィリエイトなど収益化を強化したい人は試してみるのも悪くはないと思います。

ストーク(STORK)

最近、Googleが重視するモバイルファーストにこだわったブロガー専用のテーマです。

特徴は「使いやすさ」と「読みやすさ」。サイトのデザインに時間を取られたくないというアフィリエイター向きです。

HTMLやCSSの知識がない人でも美しいサイトを構築でき、サイドバーや記事の上下に貼り付けるバナー広告はウィジェットで一括管理・設定することができます。

短時間で美しく見やすいブログやサイトを立ち上げたいブロガーやアフィリエイターにはオススメです。

ストークのホームページ

賢威

2007年1月に発売以来、企業のWeb担当者やアフィリエイター・ブロガーなど2万人以上が利用している有料テーマが賢威です。

アフィリエイターの間ではとても有名なテーマで、SEOテンプレート(HTML版 ・WordPress版)が用意され、検索エンジンで上位表示させることにこだわっているのが特徴です。

賢威ユーザーに限定したサポートフォーラムがあり、ユーザーフォローも充実していて、バージョンアップは原則無料となっています。

価格が2万5000円とやや高めですが、アフィリエイトで本気で稼ぎたい人の有料テーマだと思います。

賢威のホームページ

コメント

テキストのコピーはできません。