ブロガーやアフィリエイターを苦しめるGoogle検索に好かれる方法とは?

記事の書き方
スポンサーリンク

Googleに評価されるブログやサイトの最低条件

現実を受け止めて謙虚に作業する

ブログやサイトで稼ぐには、Google検索エンジンに評価される必要があります。

Googleの検索エンジンは、現在のウェブ検索の9割で利用されていて、ほぼ独占状態です。

ですから、Googleの方針を正確に理解し、その方針に沿ったコンテンツを作成することが何より重要です。

とくに、この数年、Googleの検索エンジンのアルゴリズムが大きく変更され、月収100万円の専業ブロガーが数万円に減収となる事態も発生し、廃業を余儀なくされるケースも珍しくなくなりました。

一方で、アルゴリズムが変更されてもほとんど影響を受けずに月収1000万円を実現したブロガーも存在します。

ですから、アルゴリズムが変更されても、Googleの方針に沿った、あるいはGoogleに好かれるコンテンツを作り続けたら、恐ることはないと思います。

実際、私自身、昨年から10年ぶりにブログを本格的に再スタートしましたが、広告収入は右肩上がりで増えています。

ですから、ブログのアクセスを増やすためには、現実を直視し、Googleの検索エンジンに好かれる記事を書くしかありません。

Googleに好かれる記事の条件とは?

では、Googleに好まれる記事とは、どんな記事でしょうか?

ブログの更新を続けていると、この「Googleに好まれる記事」を忘れることが多々あります。

特に、アフィリエイトの広告サイトを見て報酬額で広告を選んで、その広告主の意向に合わせた記事を書いても評価されるわけがありません。

なぜなら、Googleは広告主に役立つ記事ではなく、読者に役立つ記事を望んでいるからです。

Googleが目指していることは、役に立つ記事を検索の上位に表示することです。

その基準は曖昧なため、多くのブロガーを苦しめ続けているわけですが、私はシンプルに考えることが大切だと思っています。

それは・・・

  • 読者が長時間読み続けたくなるような記事を書くこと
  • ためになる記事だと感じてブログ内の他の記事も読もうと思ってもらうこと

この2点だけですが、この2点を心がけるだけで誰でも上位表示は可能だと考えています。

スポンサーリンク

検索エンジンで上位表示される記事とはどんな記事か?

ブログの記事執筆で重視するべきことは4つ

Googleに好まれるためには、読者が役立つと感じて長時間読み続ける記事や、他の記事も読みたいと思われるブログ運営を心がけることです。

では、そのためには何が必要なのでしょうか?

  • 読者サイドに立った記事内容
  • 説得力や根拠のある論理構成
  • 読みやすい文章や文章配置
  • 他の記事への自然な誘導
  • 画像や写真など適度な見える化

この5点を踏まえていれば、読者は途中離脱せずに長時間読んでくれますし、他のページも読みたいと思うはずです。

ブログへの滞在時間の累計が評価となり、検索エンジンで上位表示され、あとはジタバタしなくても自然にアクセス数が増えるものです。

いかに、この好循環を作り出せるかどうかが勝負だと考えています。

まずは自分自身に向かって自由に書くことから始める

ブロガーを始めると、検索エンジン最適化(SEO)対策という言葉をよく目にするはずです。

しかし、Googleがどんな記事なら上位表示するのか正式な基準や方程式を発表しているわけではありませ。

ですから、誰も本当のSEOを知っているわけでもないのです。

しかも、SEO対策法は時々刻々と変化していて、きょうまで通用していた方法が明日からも有効かも分かりません。

むしろ、「これまでのSEO対策が通用しなくなった」という事態が頻発しています。

ですから、原点に戻って、まずは他人に役立つ記事を愚直に書き続けるしか方法はありません。

役立つ記事を量産するためには、何も知らない5年前の自分に語りかけるように書き続けることが有効です。

記事の第一読者は、他人ではありません。自分自身です。

その自分が読者の立場に立って、悩んでいる人や迷っている人のためになる記事なのか判定することが重要です。

読者の立場に立つ習慣が身につけば、自然に役立つ記事が量産されているものです。

そのためにも数をこなすしかありません。

まずは書く。そして書く。さらに書く。

自由に気軽にどんどん書いて、書きながら改善すればいいのです。

具体的な数字や分析は、アクセス数を分析する「Google Analytics」や検索結果を分析する「Search Console」を参考にして試行錯誤を継続する。

この繰り返しが遠回りなようで、最も手っ取り早いGoogleに好かれる方法だと考えています。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました