ブロガーが欲しがるGoPro HERO7 Black!手ブレ補正が凄すぎる

話題のGoPro HERO7 Blackを徹底レビュー

2018年にユーチューバーやブロガーの間で大きな話題になったガジェットと言えば、9月27日に発売されたアクションカメラ「GoPro HERO7 Black」ではないでしょうか。

私も発売後すぐに購入しましたが、先代「GoPro HERO6 Black」が指摘された弱点をことごとく改善し、大きく進化していました。

購入後に感じた「GoPro HERO7 Black」の長所と短所をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

新型「GoPro HERO7 Black」があればビデオカメラは要らない

「GoPro HERO7 Black」は先代HERO6と同じく携帯性重視

私はすでに「GoProHERO6 Black」を所有していましたが、「GoProHERO7 Black」が大幅に進化したと聞き、買わずにいられませんでした。

届いた「GoProHERO7 Black」は、横幅が約6センチ、高さ4.5センチ、重さは110グラム余りと、先代同様、超小型軽量のパッケージを踏襲しました。

正面から見ると、HERO6とHERO7の見分けがつきませんが、横向きにすると、「GoProHERO7 Black」は大きく7という数字が刻印されています。

「小さいは正義」です。このくらい小さいとGoProを胸のあたりにマウントでき、両手が自由になる格好で散歩や山登りの動画を撮影することができます。

このため、撮影時の疲労度や危険度が格段に低下します。

GoPro6の弱点を克服したGoPro HERO7 Black

私は今年夏の海外旅行はGoPro HeRO6を利用しましたが、不満な点がありました。

  • 4K動画撮影では手ブレ補正が効かない
  • マイク性能がいまひとつで動画撮影時の音質が悪い
  • バリアングルではないので自撮りが難しい

9月27日に発売された「GoPro HERO7 Black」は、HERO6の弱点をどこまで克服できているのか?

まず、手ぶれ補正機能(スタビライザー)ですが、強力な「HyperSmooth」を搭載し、市販のジンバルを別途購入する必要がない水準まで進化しました。

撮影時に、多少、自分の体が動いても、何事もなかったようにヌルヌルの映像が撮れてしまいます。(動画はYouTubeのGoPro公式チャンネルより引用)

GoPro: Introducing HERO7 Black – JP

感動したのは音質の改善だった!

GoPro6を使っていて、最も不満だったのは音質でした。

おそらく従来は画質や防水性能に力を注ぎ、マイク性能は後回しにされたのだと思います。しかし、音質は映像品質に直結する問題だけにユーザーからも改善が望まれていました。

GoPro HERO7は、ステレオ録音に変更して、風切り音も軽減しました。その結果、音質は改善し、動画の音声は不満のないレベルまで向上しました。

こうした改善によって、GoProは手ブレがないため、映像酔いすることもなく、音声もクリアな動画を撮影することが可能になりました。

意外だったスマホとの連動強化!GoProでライブ配信も可能

もうひとつ感心したのは、iPhoneとの連動性を強化した点です。

スマホにダウンロードしたGoProアプリを立ち上げると、動画や写真を撮影する際、GoPro7が捉えた被写体が同時にiPhoneの画面にも映し出されます。

上記の写真は、左がGoPro HERO7のモニター画面。同時に右の写真のようにスマホの画面にも同じ被写体が写し出されています。

スマホと同時に被写体を見ることが可能になったので、GoPro7をスマホにマウントすれば、バリアングルカメラのように使用することも可能になりました。

もちろん、自撮りも楽になりました。

スポンサーリンク

GoPro7はコストパフォーマンスが抜群のカメラ

高性能・高機能なのに初値は下がった!

先代の弱点をことごとく克服した「GoPro HERO7 Black」ですが、弱点がないわけではありません。

センサーサイズの小さいカメラ共通の弱点なのかもしれませんが、「GoPro HERO7 Black」はまだ暗所撮影に弱いということです。先代よりは暗所でも比較的きれいな動画が撮影できましたが、センサーサイズの大きな一眼ミラーレスカメラの動画などに比べると見劣りするのは否めません。

とくに、室内での料理映像はおすすめできません。やや暗い映像のため、せっかくの料理も美味しそうに見えないのが残念です。

今後、ファームアップで改善されれば、まさに死角のないカメラが完成します。

先代より安値で発売開始!コストパフォーマンスも悪くない

最後に「GoProHERO7 Black」の登場で進化した主なポイントをまとめます。

  • 強力な手ブレ補正機能「HyperSmooth」を搭載
  • ユーチューブなどでライブ配信できるライブストリーミング
  • 最大30倍までスピードアップできるでタイムラプス「TimeWarp」
  • 高画質な 4K60p ビデオが可能
  • 動画や写真をスマートフォンに自動転送が可能
  • ステレオ録音に変更・風切り音が低減、音質が向上した

これだけ進化しながら、GoPro7の初値は、先代GoPro6より4000円ほど安い5万3099円(税込み・価格.com)でした。コストパフォーマンス的にも優れています。

GoPro HERO7 Black 公式ページ

【楽天市場】GoPro HERO7 Black【アマゾン】GoPro HERO7 Black

コメント

テキストのコピーはできません。